日常的に長くつけるために

リング

デザインや素材の選び方

結婚指輪は、結婚していることの証として購入する指輪です。ファッションリングのようにその日によって付け替えたりするのではなく、日常的に1つの結婚指輪を長くつけることが前提になります。日常生活でも支障なくつけられるようなデザインや素材が多いのが結婚指輪の特徴になります。使われる素材に決まりはありませんが、プラチナやゴールドがよく使われる素材の代表的なものになります。日本で人気が高いのが、プラチナの結婚指輪です。プラチナは硬度が高くて傷つきにくいので、変色や変形にも強く、結婚指輪向きの素材です。ゴールドも、プラチナと同様に変色や変形に強いので結婚指輪向きです。海外ではゴールドの人気も高く、ピンクゴールドやホワイトゴールドなど色味の種類があるのがゴールドの特徴です。価格は、デザインにもよりますがプラチナが他の素材に比べて高価です。最近は、プラチナに似た白い輝きを持つバラジウムという素材の結婚指輪も注目されています。強度があるので結婚指輪として問題なく使えて、プラチナやゴールドより価格も安価です。ただし、汗で溶け出す性質があるので金属アレルギーがある人は注意が必要です。結婚指輪は、素材やデザインによって価格に幅があります。また、自分の肌の色に合っているか、つけていて違和感がないがないかなどは実際につけてみるのが確実なので、指輪を選ぶ時は、宝石店に行って気になる指輪を試してみるのがいいでしょう。